長崎県
ホーム>はじめて利用される方へ
電子申請システム

はじめて利用される方へ

 ここでは、「長崎県電子申請システム」(以下、「本システム」)を初めて利用される方に留意していただきたい事項を記載しております。実際にご利用いただく際には、事前に、「長崎県電子申請システム利用規約」に必ず同意してください。
 以下、本システムを利用する際の流れなどをご説明します。

電子申請システムとは
 電子申請システムとは、県や県内市町への申請や届出について、申請書の記入を自宅のパソコンで行い、インターネットを使ってその申請書を送信することができるようにするものです。
 これにより、いつでも、どこからでも申請や届出を行うことができるため、わざわざ県庁や市町などの窓口に行く必要がなくなります。県や市町にはたくさんの申請様式があり、これらを一度に電子化することは困難なため、簡単な申請から始めて、徐々に電子申請が可能な様式を増やして行く予定です。

本システム利用のための事前準備
  1. 利用規約に同意する。
  2. 動作環境を確認する。
  3. クライアントソフトのインストールを確認する。
  4. 利用時間を確認する。
  5. 本システムにユーザ情報を登録する。

電子署名に必要な手続き
 申請によっては、本人確認をより厳格に行う必要があるため、電子上の印鑑にあたる電子署名が必要となります。
 電子署名が必要か否かは以下の各自治体の「電子申請対象一覧」でご確認ください。

長崎県
 
 電子署名が必要な電子申請を利用される場合は、電子証明書を事前に取得しておく必要があります。
 現在、下記の認証局が発行する電子証明書が利用可能です。
     個人の場合:公的個人認証サービス
     法人の場合:商業登記に基づく電子認証

公的個人認証サービス 詳しくはこちら
申請者が個人の場合に利用可能です。
住所地の市町村窓口で署名用電子証明書の発行手続を行ってください。
※個人番号カードについては、15歳未満の方、成年被後見人の方、発行を希望されなかった方を除き、カード内に原則電子証明書が格納されています。
注意事項
[電子証明書の取得]
電子証明書の格納には個人番号カード(もしくは住基カード)が必要です。
住基カードについては、平成28年1月以降も、当該カードに格納されている電子証明書の有効期限内であれば引き続き利用できます。
(住基カードの有効期間は10年、住基カード電子証明書の有効期間は3年)
[ICカードリーダライタの準備]
個人番号カード(もしくは住基カード)に格納された電子証明書読み取りのため、ICカードリーダライタをご準備ください。ICカードリーダライタには公的個人認証サービスに対応しているものとそうでないものがあります。適合機器についてはこちらから確認してください。
http://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html
なお、ICカードリーダライタの利用に際してはドライバのインストールを行う必要がありますので、各機器の取扱説明書等を確認ください。
[利用者クライアントソフトのダウンロード]
電子証明書の利用にあたっては「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」をパソコンにインストールする必要があります。
当該ソフトは公的個人認証サービスポータルサイト(http://www.jpki.go.jp/)からダウンロードできます。
お問い合わせ
住所地の市町村窓口
公的個人認証サービスポータルサイトhttp://www.jpki.go.jp/

商業登記に基づく電子認証
申請者が法人の場合に利用可能です。
登記がなされている管轄登記所(法務局)で商業登記に基づく電子証明書の発行手続を行ってください。
お問い合わせ
商業登記に基づく電子認証
 http://www.moj.go.jp/ONLINE/CERTIFICATION/



システム体験版
システム体験版へ


電子申請の流れ
  1. 登録したユーザIDとパスワードを入力して本システムにログインする。
  2. 申請書を選択する。
  3. 申請情報を入力する。
  4. 申請の内容を確認してデータを送信する。
  5. 到達結果を確認後、システムからログアウトする。
    〜 県や市町での処理 〜
  6. お知らせメールを受信

Copyright Nagasaki Prefecture  All Rights Reserved.